プラセンタ注射PLACENTA

「新陳代謝を活性化しハリのある肌、総合的な美肌に」

プラセンタとは

プラセンタ(Placenta)とは胎盤のことをいいますが、一般的に「プラセンタ」というと、胎盤から抽出された様々な成分の「プラセンタエキス」のことをいいます。
胎盤は、へその緒を通じて母体と胎児の仲立ちをしており、胎児が発育するために必要な、呼吸やタンパク質合成、有害物の解毒、ホルモンの分泌、排泄など、重要な働きをすべて胎盤が行ないます。
出産までの10か月に満たない短期間に、胎児は急速に発育しますが、プラセンタはそのために重要な働きをする栄養素の宝庫と言えます。
よって、アトピー性皮膚炎、花粉症の症状を改善するほか、美肌、美白、アンチエイジング、コラーゲン生成のサポート、疲労回復、免疫力を高めるなど、様々な効果が医学的に証明されています。

プラセンタ注射は
このような方に向いています

  • ■シミが気になる方
  • ■乾燥肌が気になる方
  • ■くすみが気になる方
  • ■アトピー性皮膚炎などの肌トラブルの方
  • ■慢性的な疲労感を感じる方

プラセンタ注射の効果

  • ■自律神経、ホルモンバランスを調整
  • ■組織修復作用
  • ■病気への抵抗力を高める
  • ■抗アレルギー作用
  • ■抗炎症作用
  • ■代謝を活発にし臓器や細胞の働きを活性化させる
  • ■抗アレルギー作用
  • ■肝臓の働きを高める
  • ■活性酸素除去

施術内容詳細

筋肉注射(腕または臀部)

当院で使用する薬剤

ヒト(人間)由来プラセンタ(メルスモン・ラエンネック)

施術の流れ

  • 1カウンセリング
  • 2注射

注意事項

効果が緩やかで結果がすぐでないともいわれていますが、副作用がないことでも有名なのがプラセンタの特長です。
ウイルスや細菌に汚染されているヒトプラセンタが原料に混入しないよう、薬剤の製造にあたっては、汚染防止対策がとられています。
二重、三重の安全対策を経て製造された製品は、最後に製品試験でウイルス等の病原性物質についての確認試験が行われ、安全性について最終確認をした後、出荷されています。
また、プラセンタ注射の発売開始以来現在までにメルスモンまたはラエンネック投与による国内や海外でのB型肝炎、C型肝炎、エイズ、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病等などの感染症の報告は一切ありませんが、理論的には、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病等の伝播のリスクを完全に否定することはできません。
2006年10月以降、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病等の輸血感染を防ぐため、胎盤エキス(プラセンタ)を注射した方は、献血を控えるようにとの通達がありました。ヤコブ病感染の危険性は、非常に低いのですが、完全には感染が否定できないという点を重視したようです。
なので、リスクを理解したうえで、同意書にサインが必要になります。

生活制限事項

洗顔・メイクは直後から可能ですが、腫れや赤みの状態が強い場合は、当日は控えた方が良いですので、担当医師にご確認ください。
入浴は当日から可能です。

洗顔当日より可能
化粧当日より可能
入浴当日より可能
シャワー当日より可能
飲酒当日より可能
スポーツ当日より可能

その他

治療開始時は週に2回程度、その後状態に合わせて、週に1回程度通院いただきます。注射を2本(2アンプル)使用も可能です。プラセンタの治療は1、2回で良くなるというものではないので、気長に、定期的に通院することをお勧めいたします。

※一部保険適用あり

施術名 詳細 初回 2回目以降
プラセンタ注射注射(1アンプル)1,440円1,800円
Translate »