未成年の方へMINORITY

美容医療を受けるには、親権者の同意が必要ですので、必ず親権者の方ご同伴 でご来院ください。

美容医療は病気やケガの治療ではなく、見た目の改善を目的とした治療です。そのため、年齢を問わずすべての患者様に同意書を提出していただくことになっています。
ご自身で判断し契約するにあたり、20歳以上であればご本人の同意書でよいのですが、20歳未満の未成年の場合は、その行為の責任は親権者のものとなります。このため親権者が承諾したことを示す、親権者名義の同意書が必要になります。
心斎橋Aiクリニックではすべての施術において、必ず親権者の同意書をいただいております。
同意書はご来院いただいた際にご記入いただきますので、未成年の方は必ず親権者ご同伴にてご来院くださいますようお願いいたします。

FAQよくある質問

親権者が施術に反対の場合は?
親権者の同意がなければ、残念ながらどの施術も受けることができません。医師が施術の効果や安全性、リスクなどを親権者に丁寧に解説し、ご理解いただけるようお手伝いすることはできます。ですが、当院では無理に説得するようなことはしませんので、最終的にはご本人と親権者の方の判断となります。
片親のみが施術に反対の場合は?
同意書は親権者1名、一般に母親か父親のどちらかのものがあればよいので施術を受けること自体には問題はありません。しかし、やはりご両親そろって納得してもらうよう努力してほしいと思います。施術にもよりますが、術後のダウンタイムなどでは家族の協力が必要な場合もございます。特に協力を得る必要がなくても、理解を得ていればダウンタイムも気兼ねすることなく過ごしやすくなります。
ピアスやレーザー脱毛なども、親権者の同伴は必要になりますか?
はい、必要です。
いかなる治療でも未成年の方は親権者の同伴が必要です。
前に受けたことがある治療や、処方してもらった薬などは同意書がなくても大丈夫ですか?
いいえ、同意書がないとお受けいただけません。
未成年の方は都度、同意書が必要です。
コースで通う場合は、親権者の同伴や同意書は毎回必要ですか?
いいえ、必要ありません。
Translate »