2018年4月11日

【UV対策】飲む日焼け止め「ヘリオケア」の成分や効果は?

【UV対策】飲む日焼け止め「ヘリオケア」の成分や効果は?

 

飲む日焼け止めとして大人気の「ヘリオケア」は2002年にスペインで誕生して以来世界各国で愛され続けており、日本でも愛用者が多い商品です。

 

紫外線対策が当たり前の現代ですが、より強く、完璧な日焼け止めとしての効果をヘリオケアなら得ることができます。

 

今回は、そんなヘリオケアの魅力について解説していきます。

 

【ヘリオケアとは?】

 

飲む日焼け止めとして世界的に有名なヘリオケアは、12年以上アメリカのハーバード大学で研究された後、2002年スペインのカンタブリア社から発売されました。

 

ヘリオケアは、飲むことで体内から紫外線UVAへの防御効果を得られる飲む日焼け止めです。

 

その臨床結果は世界中の学会でも発表されており、現在は世界80ヵ国以上もの医療機関で扱われています。

 

日本でも2016年までに14万個もの数が販売されている人気商品となっています。

海外でもとてもポピュラーな日焼け止めですが、大切な皮膚をしっかりとバリアし免疫力をサポートしてくれます。

 

【ヘリオケア・ウルトラD】

 

当院取り扱い「ヘリオケア・ウルトラD」が一番人気なのは

1粒当たりに含まれているフェーンブロック量が多く、ビタミンDも配合されていることが主な理由です。

 

塗る日焼け止めを使用している方は、血中のビタミンDが不足する傾向にあるので、ヘリオケア・ウルトラDに含まれているビタミンDは嬉しいポイントです!!

 

【ヘリオケアの効果的な服用方法】

 

ヘリオケアはどのように服用するのが良いのでしょうか?

 

服用するタイミングは、日光を浴びる30分前に1カプセル服用しましょう。

 

飲みづらいと感じる時は、飲み物やヨーグルトと合わせて飲んでも大丈夫です。

 

また、長時間日光に浴びるような状況の時は、4時間後にもう1カプセルを飲むとより効果が持続します。

 

ヘリオケアは、飲んでから大体30分も経たないうちに効果があらわれます。

日焼け止めの効果は約4~6時間持続すると考えられています。

 

また、より完璧に日焼け止め対策を考えているなら、塗る日焼け止め(SPF・PAプラス配合)と併用して使用することをオススメします。

 

【ヘリオケアの成分・効果】

 

ヘリオケアの主な成分であるフェーンブロックは中央アメリカに生息するシダ植物から得られていて、化学薬品は一切使っていません。

 

人気の高いヘリオケア・ウルトラシリーズは、前述した通り、フェーンブロックの他にビタミンCやビタミンE、ルテイン、リコピンなどが含まれています。

 

それが一体どのような効果を与えてくれるのかを詳しく説明していきます。

 

  • 抗酸化作用

 

紫外線を浴びるとシミができてしまいます。これは、肌が紫外線を浴びたことで、過剰に生成されたメラニンが外に排出されないことで起きてしまいます。

 

ですが、フェーンブロックには強い抗酸化作用があるので、このメラニンの生成を抑えることができます。これにより、結果的にシミの原因を根本的に予防できるのです。

 

  • 免疫防御作用

 

肌の免疫を維持するためには「ランゲンハンス細胞」が欠かせませんが紫外線を浴び続けると、

 

数は徐々に減少していきます。ヘリオケアを摂取すると、細胞自体の数も正常に保たれて肌本来の免疫力をキープします。

 

  • DNA保護作用

 

紫外線は肌だけではなく、肌の中のDNAにもダメージを与えます。そんな場合にもヘリオケアは効果的、肌の損傷の回復を早めるので、皮膚がん対策にも効果が期待できます。

 

  • 皮膚構造維持作用

 

紫外線を浴びると、シワやシミが生まれるのは、細胞の損傷・MMP増加によってコラーゲンの減少が引き起こされるため。

 

ヘリオケアはそういったダメージを軽減し、肌のコラーゲンを守ります。

 

 

【ヘリオケアに副作用はあるの?その他の諸注意は?】

 

・副作用の有無

 

ヘリオケアに副作用はないとされています。

 

主な成分であるフェーンブロックは25年以上前から、中央アメリカなどでアトピー性皮膚炎などの治療に使われています。

 

しかし、そのいずれにも副作用の事例は記録にありません。副作用も無く、安心して使用できるのも魅力のひとつですね。

 

・服用できる年齢

 

ヘリオケアを服用できる年齢ですが、4歳以上からが推奨されています。

これは、子供の体が4歳の頃からサプリメントを服用するために十分な発達がなされていると考えられているからです。

 

・妊娠中でも飲める?

 

妊娠中や授乳期間への使用は基本的に推奨されていません。

 

・冬でも飲んだ方が良い?

 

冬でもUVBの影響は、気候や天候を問わず大きな変化はありません。UVBは季節に関係なく皮膚の深部へと浸透してダメージを与えるので、常に紫外線から皮膚を守る対策をする必要があります。

 

 

【まとめ】

 

いかがでしたか?飲む日焼け止めのヘリオケアは、手軽に飲めるだけではなく、よりしっかりと紫外線から肌を守ってくれます。中でも「ヘリオケア・ウルトラD」がオススメ!!

 

美容成分も豊富に含んでいる分、肌をしっかりサポートしてくれます。

こちらは、心斎橋Aiクリニックにてお買い求めいただけます!!

気になる方は、この機会に是非一度お試しくださいね!!

Translate »