スレッドリフトTHREAD LIFT

「”切らない”しわたるみの糸治療」

心斎橋アイクリニック スレッドリフトイメージ

スレッドリフトとは

加齢とともに皮膚の張りと弾力はなくなり、支持組織もゆるんできてしまうため、皮膚も皮下組織も下垂してきます。
これが「たるみ」の生じる原因です。

たるみを改善するためには、皮膚の張りと弾力を回復させ、下垂した組織をもとの位置に引き上げてあげればよいのですが、これを「皮下に特殊な糸を埋入する」ことで実現させる治療法がスレッドリフトです。
当クリニックでは皮膚の張りを改善するための糸、下垂した組織をリフトアップするための糸の2種類を用いて治療を行います。
それぞれ単独でも効果が期待できますが、両者を組み合わせることで、相乗効果が期待できます。

スレッドリフトはこのような方に向いています

■頬部のたるみが気になる方
■深いほうれい線、マリオネットラインが気になる方
■肌のハリが無くなってきたと感じる方
■フェイスラインが気になる方
■フェイスリフトはしたいが手術には抵抗がある方
■周囲に気づかれずに治療を受けたい方

スレッドリフトの効果

タイトニング  吸収性の極細糸を皮下に複数本挿入することで直接的に肌を引き締めます。
また皮下に糸を埋入した刺激でコラーゲンの産生が促進されますので、それによりさらにタイトニングの効果、肌の若返り効果が期待できます。
特に顎のライン、顎下のたるみの改善に有効です。
リフトアップ  コグ(トゲ)付の糸を皮下に埋入し、皮下組織をひっかけながら頬部を引き上げます。
下垂してきた組織を物理的に元の位置に戻しますので、リフトアップの効果が高くなります。

施術内容詳細

どの部位に刺入することで効果的にタイトニングやリフトアップが可能かを医師が診察します。
タイトニングのみの糸であれば麻酔クリームを用いた表面麻酔で行いますが、リフトアップの糸を用いる場合は、局所麻酔を併用します。
糸の本数は患者様を診察したうえで、相談しながら決定しますが、施術中に効果を確認しながら追加することもできます。
針を刺した痕しか残りませんので、縫合等の処置は必要ありません。

当院で使用する製品

■LFL(Lead Fine Lift) BASIC
■LFL BARBⅡ ANCHOR

両製品ともにPDOと呼ばれる生体吸収性の材質でできており、6~12ヶ月で吸収されてなくなります。
手術用の縫合糸としても長期間使用されてきた安全な材質です。
アレルギーや副作用はほとんどありません。
分解過程で糸の周囲にコラーゲンファイバーが生成され、皮膚の弾性と色調が改善します。
糸が吸収された後でも、この細胞反応は継続するので、皮膚再生と弾性効果は一定期間続きます。

施術の流れ

1.カウンセリング

2.麻酔

3.デザイン

4.施術

注意事項

妊娠している方、授乳中の方、ケロイド体質の方など、治療を受けることができない方もおられます。



生活制限事項

■当日は、注射部位を強く揉んだり強くこすったりしないでください。
■当日は内出血起こる可能性もありますので激しい運動や日光や高温への長時間の曝露、飲酒は避けてください。

洗顔 翌日より可能
化粧 翌日より可能
入浴 翌日より可能
シャワー 当日より可能
飲酒 × 当日は控える
スポーツ × 激しい運動は控える
施術名 詳細 料金
ウルトラVリフト 50本フェイスライン引き締め(溶ける糸)180,000円
スレッドリフトBarbⅡ8本フェイスライン引上げ(棘のついた溶ける糸)250,000円
Aiクリニックオリジナル
スレッドリフト
フェイスライン引き締め&引上げ
(溶ける糸と棘のついた溶ける糸の組み合わせ)
400,000円
追加オプションウルトラVリフトの糸追加 10本追加30,000円
BarbⅡの糸追加 1本追加30,000円

その他

比較的ダウンタイムは少ない施術になりますが、腫れ、痛み、内出血、ひきつれ感などを生じることがあります。
腫れ、痛みは数日間で軽快しますが、内出血は2週間程度継続します。
ひきつれ感や違和感は1~3か月で軽快してきます。
効果は永久的なものではありません。
糸の吸収にともない効果が消失した場合には、再施術が必要になります。

Translate »