2019年10月10日

寒くなるこれからの季節に・・・

こんにちは!

 

日に日に、寒くなってきますね。🤧

昼間は、まだ温かいですが、朝・晩は肌寒く、着る服にも悩まされます(*´з`)

 

 

日に日に、寒くなるこれからの季節。🍂

「冷え対策」が大切になってきますよね💛

 

「冷え」は、様々な体調不良の原因となります。

 

体内では、常に熱が産生されていますが、普段の生活が活動的でない現代人は、熱を作り出す機能が低下していると言われています。

ダイエット中の食事制限、偏った食事、不規則な生活、運動不足・・・

これらを続けていると、体内で十分に熱を産生することができず、「冷え」の状態になってしまいます。

筋肉は熱産生に大切な役割をしていますが、特に女性は男性に比べて、筋肉量が少ないので、「冷え」になりやすい傾向があります。

身体の中心部分の温度である深部体温は、常に37度に保たれている必要があります。  

外の気温が下がってくると、深部体温を維持するために、手足や皮膚といった末端の血管が収縮し、体内の熱を逃がさないようにします。

この状態が長く続くと、手足や皮膚に血液が運ばれなくなり、「冷え」を感じるのです。

特に、「冷え」に敏感な人は、それほど寒くない環境でもこのような状態に陥ります。

 

「冷え」をそのまま放っておくと、肥満や便秘、肌荒れなどなど、さまざまな体調不良を引き起こします。

この厄介な「冷え」にとても有効なのが、「医療インディバ」です。

 

医療インディバは、0.448MHzという身体に安全な周波数を使用している高周波温熱機器です。

最大の特徴は、温泉やサウナなど熱源が体の外にある温熱と違い、インディバで生まれる熱源は身体の内側にあるということです。

これはインディバの高周波で生じるジュール熱によるものです。

ジュール熱は細胞の分子を移動させて生じる摩擦熱のことで、一時的に体内組織の温度を1~7度上昇させることが可能です。

この熱は「深部加温」と呼ばれ、医療インディバ独自のものです。

内側から身体を温めることで、血液やリンパ、組織組織細胞が活発に動き始めます。

 

なので、「医療インディバ」を受けると身体の中から温まってきて、「冷え対策」以外にも、様々な効果を発揮します☆

具体的には、

セルライトの除去

むくみの改善

小顔効果、引き締め効果

お顔のくすみ・シワ・たるみの改善       

メタボリックの改善(腹部やせ)

皮下脂肪・内臓脂肪の燃焼促進    

足の疲れの緩和 

首・肩こり・腰痛の解消   

便秘・生理不順・更年期・不眠症の改善

疲労回復、免疫機能の向上 ・自律神経ホルモンバランスの調整 などなど・・・

 

医療インディバの効果は、本当に多岐にわたります。

深部体温を維持することが、身体にとってとても大切であることがわかりますね。

これからの寒くなる季節、医療インディバで冷え知らずの身体に💪・・・なりませんか?

 

 

 

『医療インディバ』は、心斎橋Aiクリニックで!(◍>◡<◍)✧♡

〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3丁目11-18 郵政福祉心斎橋ビル7F

ご予約専用ダイヤル/0120-612-176 

受付時間 / 10:00〜19:00(日・祝は18:30まで) 火曜休診

アクセス/地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線 心斎橋駅から徒歩1分 御堂筋沿いにLouis Vuitton、Cartierを超えて、Swarovskiが1階に入っている郵政福祉心斎橋ビル7階です。