2019年7月12日

話題の『マッサージピール』について

こんにちは!

7月に入って、すっかり暑くなりましたね。

先日は、セミの鳴く声を聞いて、「いよいよ夏がやってきたな~~」と思いました。

 

さて、今回は、今話題の治療、「マッサージピール」についてのお話です。

当院でも、この7月から導入し、早速、好反響をいただいておりますよ!!

 

「ピーリング」

というと、

ニキビ肌や、お肌のざらつき、クスミを改善する治療というイメージが、一般的ではないでしょうか?

私たち美容皮膚科医もそのような認識だったのですが、今回新しく導入した「マッサージピール」は、

そのような概念を覆す、画期的なすごいピーリングなのです。😲😲

 

では、

何が画期的なのか❓   何がそんなにすごいのか❓❓   というと・・・

 

 従来のピーリングは、肌表面にある角質に作用します。

肌トラブルの原因となる古い角質を剥がし、肌細胞の生まれ変わりを促します。

ですが、マッサージピールは、肌の表面ではなく、肌の奥にある真皮の深い部分に 直接働きかけ、

細胞再生・コラーゲン生成を促し、ハリと弾力を取り戻すことができます。

この、

肌の表面ではなく、肌の奥に作用するという点が、画期的なのです。( `ー´)ノ

 

マッサージピールの成分のひとつは、ピーリング作用のとても強い成分TCA(トリクロロ酢酸)です。

TCA(トリクロロ酢酸)によるピーリングは、実は、以前より存在し、

TCA(トリクロロ酢酸)ピーリングといえば、皮膚の深い部分にまで作用する強力なピーリングで、

取り扱いがとても難しいといった認識を、私たち美容皮膚科医は、持っています。

主に、難治性のニキビ後瘢痕を治療するために行われますが、

TCA(トリクロロ酢酸)ピーリングは、ピーリング作用がとても強いので、

痛みや炎症反応、火傷などのリスクが高く、あまり使用されていませんでした。

ですが、マッサージピールは、この取り扱いの非常に難しいTCA(トリクロロ酢酸)に H2O2(過酸化水素水)を配合させることで、

肌面を保護し、皮膚の深層にある真皮層の細胞に働きかけることができるようになったのです。

 

正直、初めて、マッサージピールの成分に高濃度のTCA(トリクロロ酢酸)が、含まれていると聞いたときには、

「え??大丈夫なの?」と思いましたが(;^_^A 💦💦

いや~~~~、世の中には、すごいことを発見される方がいらっしゃるんですね。(^_-)-☆

ちなみに、このマッサージピールを開発したのは、 イタリアのDr.Rossana Castellanaで、10年もの臨床研究を経て開発したそうですよ。

(う~~ん、やはり、相当ご苦労されたんですね。)

 

マッサージピールは、特許も取得しています。✨✨

マッサージピールの成分は、TCA(トリクロロ酢酸)とH2O2(過酸化水素水)以外に、 コウジ酸も含まれています。

コウジ酸は、「美白剤」で、有名ですよね。

なので、 マッサージピールを繰り返すことで、美白効果も得られるんですよ💗

 

美容治療初心者の方で、「たるみ、皺が最近とても気になるけど、レーザーにはちょっと抵抗が・・・」という方には、

とても良い治療だと思います。   もちろん、美容治療ベテラン💕さんにも!!

お薬をお肌に塗って、独自のマッサージ方法で、気になる部分にしっかりと塗っていきます。

10~15分程度のマッサージで終了!!

 

肌細胞の生成とコラーゲン生成を促し、ハリと弾力のある肌を取り戻せます。

1回の施術でも、効果を感じて頂けますが、2~3週間の間隔で、回数を重ね て頂くと、更に効果を実感いただけます。

ダウンタイムもほとんどないですし、施術時間も短いので、大変人気のある治療です。

 

心斎橋に来られた時には、ちょっとした時間の合間に・・・

お買い物休憩に、カフェでお茶☕ではなく、『心斎橋Aiクリニック』で、マッサージピール! もいいですね。(⋈◍>◡<◍)。✧♡

涼しい快適なお部屋で、リラックスしながら💕、気持ちいいマッサージを受けながら💕、綺麗になる!!

いいですね~~~💕💕💕

 

 

『マッサージピール』は、心斎橋Aiクリニックで!(◍>◡<◍)✧♡

〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3丁目11-18 郵政福祉心斎橋ビル7F

ご予約専用ダイヤル/0120-612-176 

受付時間 / 10:00〜19:00(日・祝は18:30まで) 火曜休診

アクセス/地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線 心斎橋駅から徒歩1分 御堂筋沿いにLouis Vuitton、Cartierを超えて、Swarovskiが1階に入っている郵政福祉心斎橋ビル7階です。 

Translate »