2019年4月4日

高濃度ビタミンC点滴のお話

こんにちは!

季節の変わり目、皆様体調など崩されていませんか?

私は、どうもこの気温の変化についていけず、身体がダル重く、すっきりしない日が続いております。

こんな時!!

是非とも受けたいのが、高濃度ビタミンC点滴です。

 

高濃度ビタミンC点滴を受けた後は、身体がすっきりして、夜もぐっすり眠れます(*^-^*)

当院の数ある点滴メニューの中でも、一番人気なのが、この高濃度ビタミンC点滴です。

高濃度ビタミンC点滴といえば、美容目的の点滴(美白やアンチエイジング効果を期待して受けるもの)とお考えの方が多いのですが、

 

実際は、美容医療だけでなく、内科でも取り扱う病院、クリニックが多数あるのですよ。

高濃度ビタミンC点滴は、もともとは癌治療の補助療法として注目を集めた治療方法です。
2005年に米国国立衛生研究所より、ビタミンCが、癌細胞に効くメカニズムに関する論文が発表されました。

これをきっかけに高濃度ビタミンC点滴が広まったんですね。

哺乳類の中で、ビタミンCを体内で合成できないのは、人間、モルモット、こうもりの数種だけだそうですよ。

びっくりですよね!😲

ビタミンCは、体内で合成できない。  

だから、外から摂取するしかないのです。

では、経口的に摂取すれば問題は、解決できる??
残念ながら、経口的にビタミンCを大量に摂取しても、生体内では、ある一定の濃度以上には上昇できないようになっているのです。
しかも、ビタミンCは、摂取された後、まずは体のいろいろな部位で消化されてから、最後に皮膚に働きかけるとの報告があります。

体中を駆け巡って、最後の残りが、皮膚に行くってことですね。😢

なので、効果はさらに低くなってしまいます。( ;∀;)

ところが、高濃度ビタミンC点滴だと、血中濃度を十分に上げてあげることができるので、皮膚にまで十分なビタミンCを届けることができます。
特に美容目的でビタミンC摂取をしている方には、経口的ではなく、点滴での摂取がお勧めなのは、このためです。

今では、すっかり美容治療で有名になった高濃度ビタミンC点滴ですが、具体的にどのような効果があるのでしょうか?
皆様ご存知かと思いますが、再度確認しておきましょう。
① 美肌・美白効果
ビタミンCは、メラニン(シミの元)を作る酵素の働き自体を阻害する働きがあります。
また、紫外線に当たったり、炎症が起こったりすることで、皮膚内に活性酸素が発生します。
この活性酸素もメラニン生成を促すのですが、ビタミンCはこの活性酸素を除去してくれます。

② しわ・たるみの改善
真皮内のコラーゲンの元となる細胞「線維芽細胞」を活性化させます。ビタミンCは、コラーゲンを作るときに必要で、不足しているとお肌のハリに大切なコラーゲンが組み立てられません。
③ ニキビ肌、オイリースキンの改善
皮脂分泌を抑制し、コラーゲン生成を補助することで、オイリー
スキンが改善し、開いた毛穴も改善します。

④ 免疫機能向上
風邪予防、疲労回復など
⑤ 抗酸化作用
老化、生活習慣病の予防、など

日本製ののビタミンC製剤は、1バイアル2gまでのものしかなく、しかも保存剤が、含まれています。
高濃度ビタミンC点滴のように、1回に12.5~25gのビタミンCを点滴しようと思うと、6~12バイアル分、点滴しないといけません。そうなると6~12バイアル分の保存剤が体に及ぼす影響が安全であるかどうかのデータがありません。
なので、現時点では、高濃度ビタミンC点滴は、海外から輸入した保存剤の入っていない製剤に頼らなくてはいけないのです。😢

 

 

もちろん、心斎橋Aiクリニックの高濃度ビタミンC点滴は、海外から輸入した保存剤の入っていないビタミンC製剤ですよ。

私も高濃度ビタミンC点滴は、お気に入りの治療のひとつです。
いろいろな良い点がありますが、私の場合は、特に風邪ひきはじめや、疲れがたまったとき、今日のように鼻炎がひどく頭が重いといったアレルギー症状がきつい時には、積極的に高濃度ビタミンC点滴を受けるようにしています。

美容目的にはもちろん、疲れが溜って、すっきりしないな~~といった方にもお勧めですよ。💗

 

 

『高濃度ビタミンC点滴』は、心斎橋Aiクリニックで!(◍>◡<◍)✧♡

〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3丁目11-18 郵政福祉心斎橋ビル7F

ご予約専用ダイヤル/0120-612-176 

受付時間 / 10:00〜19:00(日・祝は18:30まで) 火曜休診

アクセス/地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線 心斎橋駅から徒歩1分 御堂筋沿いにLouis Vuitton、Cartierを超えて、Swarovskiが1階に入っている郵政福祉心斎橋ビル7階です。