2019年12月27日

GLP-1メディカルダイエットの安全性について

こんにちは!

院長 小西です。

 

大人気の『GLP-1メディカルダイエット』についてのお話です。

 

先日、来られた患者様から、

「『GLP-1メディカルダイエット』やってみたいんだけど、

友達がそれで気分悪くなったって聞いて、怖い印象があるんですがどうなんですか??」

といったご質問を受けました。

 

『GLP-1メディカルダイエット』は、決して怖い治療ではありません。

ルールをきちんと守っていただければ、無理なくダイエットができるとても魅力的な治療です。

ご友人の「気分が悪くなった・・・」

この原因は、『低血糖』です。

『GLP-1メディカルダイエット』を始めて、2週間という期間は、比較的このような気分不良が出やすいといわれています。

それは、まだ『GLP-1メディカルダイエット』のお薬に身体が慣れていないから。

時間が経つとお薬に身体が慣れてきて、このような症状もなくなります。

または、1回に注入する薬液の量が多いことも原因として考えられます。

このようなことが起こらないように、当院では、初回から1週間後、2週間後は必ず診察を受けていただくようにしています。

ちょっとめんどくさいかもしれませんが、安全のため診察を受けていただくようにお話させていただいています。

安全に使用できているか、問題は起きていないか、何かわからないことはないか、体重は順調に減ってきているか・・・などを伺い、

その方に合った薬液の使用量を担当医師が指示させていただいています。

 

もし、気分不良や、ふらつき・・・などといった症状がでた場合、『低血糖』が原因なので、

無理をせず、すぐに糖分🍭を取るようにしましょう。

ダイエット中は、少しでも甘いものを控えたい・・・という気持ちはわかりますが、やっぱり無理はいけません。

 

その他にも、『GLP-1メディカルダイエット』を安全に続けていくためには、大事なルールがいくつかあります。

難しいルールなんてありませんよ。

どれも簡単なルールなのですが、守らないと、安全なダイエットができません。

これは、『GLP-1メディカルダイエット』に限りません。すべての治療においていえることですね。

『GLP-1メディカルダイエット』を安全に続けるためのルール。

きちんと説明させていただきますので、安心して 『GLP-1メディカルダイエット』を始めてくださいね。(^_-)-☆

 

GLP-1は、別名「痩せホルモン」とも呼ばれています。

腸で造られている生理的なホルモンなホルモンの1種で、食事をすると分泌され、血糖値の上昇を防ぎ、満腹中枢を刺激します。

運動も無理な食事制限も不要なので毎日続けることができますよ。

 

『GLP-1メディカルダイエット』とてもお勧めです。💕

 

 

 

 『GLP-1メディカルダイエット』は、心斎橋Aiクリニックで!(◍>◡<◍)✧♡

〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3丁目11-18 郵政福祉心斎橋ビル7F

ご予約専用ダイヤル/0120-612-176 

受付時間 / 10:00〜19:00(日・祝は18:30まで) 火曜休診

アクセス/地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線 心斎橋駅から徒歩1分 御堂筋沿いにLouis Vuitton、Cartierを超えて、Swarovskiが1階に入っている郵政福祉心斎橋ビル7階です。 

 

 

>