2017年8月24日

~医療レーザー脱毛について~

夏になると肌を見せる機会が多くなりますが、ムダ毛の自己処理はめんどうなものです。

ムダ毛を処理するにあたって、医療機関でレーザー治療を受けようか、それともエステサロンで光(フラッシュ)脱毛を受けようかと迷っていらっしゃる方も多いようです。

それぞれメリットやデメリットがありますが、半永久的に脱毛効果を得たいなら医療機関での脱毛が適しています。

 

1、脱毛における効果と持続性について

医師がいる医療機関でレーザー治療を受けることを脱毛といい、このレーザー脱毛は、医療機関でしか受けることができません。

エステサロンでの脱毛は「光(フラッシュ)脱毛」という方法を用いています。

医療機関とエステサロンでは、使用している脱毛機器が違います。医師が常駐する医療機関では高い出力のレーザー機器を使用することができますが、医師がいないエステサロンでは、弱い出力のレーザー機器しか使えないことになっています。

・美容クリニックなどの医療機関でおこなう脱毛は、高出力の医療レーザー治療のため、長期にわたって脱毛効果が得られます。

毛が生え代わる毛周期ごとに1ヵ月から2ヵ月ごとの治療をくり返し脱毛していきますが、部位によって回数の変動はありますが、平均で5~7回で完了します。きちんとした医療機関で肌質に合った治療を行えば、何年にもわたってほとんど生えてこなかったケースも見られます。

一方、エステサロンでおこなわれる光脱毛は、低出力のレーザー機器を用いて施術するため、効果を得るまでにある程度の期間がかかります。

一般的に医師が常駐している医療機関での脱毛は、高出力のレーザー機器でおこなう「永久脱毛」治療ですが、エステサロンでは医療行為ではないため、低出力のレーザーでおこなう脱毛で「永久脱毛」ではありません

光脱毛では半永久的に脱毛することはできませんが、脱毛という言葉からレーザー脱毛と同じように思って、施術を受ける人もいるようです。

半永久的に脱毛ができるのは、医療機関でおこなっている医療レーザー脱毛のみです。
*「永久脱毛」とは産毛が一本もないツルツルの肌が永久に続くと言った意味ではありません。

 

2、医療機関とエステサロンの施術時の痛みと安全性について

・痛みに対しては個人差があります。

医療機関でおこなう医療レーザーによる治療は、高い照射出力を用いて毛包に働きかけ、毛を育てる幹細胞を破壊する根本的治療のため、ある程度の痛みが伴います。

しかし、痛みに対して敏感な人も、医療機関では痛みをコントロールしながら施術もできますので、安心して施術を受けることができます。

一方エステサロンでは、出力の低い光脱毛の機器で施術をおこなうため、レーザー脱毛に比べて痛みは少ないといえます。

医療機関での脱毛は、あくまでも治療目的で、エステサロンでは脱毛の施術と合わせて、リラックス効果も加味されている所が多いようです。

・安全性については、医師がおこなう脱毛は医療機関でのみ使用できる医療用レーザーを用いて肌への負担を少なくする配慮がされています。
皮膚の熱損傷を守るために冷却ガスを吹き付けながらレーザーを照射するので安全です。

・レーザー脱毛は医師の脱毛プランにそって受けましょう。
毛の濃さなど体質によって施術方法や施術回数、期間などが違ってくるため、脱毛が終わるまで、1年かかる人もいれば2年かかる人もいます。

完全に脱毛したい人と、ある程度の脱毛でよいといった人では、照射の回数も違ってきます。

結婚式などを控えて、なるべく早くレーザー脱毛を終了したいといった人や、海外旅行で大胆な水着を着たいなどの理由があれば、カウンセリングでその旨を伝えて脱毛プランを立ててもらいましょう。

一般的に、脱毛を順調に進めたいなら、日焼けをしないで治療を受けることです。また、むだ毛を抜くと、そこからバイ菌が入りやすいので止めておくようにしましょう。

 

3、医療機関で永久脱毛は可能なの?医療機関によって脱毛効果は違うの?

・永久脱毛という響きは「二度と毛が生えてこない」というイメージがしますが、実は永久ではありません。
では、なぜ永久脱毛というのでしょうか?
実は、永久脱毛の定義は「脱毛が終了した時点から1ヵ月後に生えたムダ毛が20%以下」というものです。その定義に従ってと「永久脱毛」いいます。

・皮膚科や美容外科など医療機関によって脱毛効果は違うの?
皮膚科や美容外科での脱毛は、医師がおこなう医療行為なので、基本的に違いはありません。ただ、使用されている脱毛マシンが、それぞれの医療機関で多少の違いがあります。

・脱毛のメカニズムについて
毛の一生には成長期、退行期、休止期の3つの周期があります。
成長期には毛母で細胞分裂が盛んにおこり、毛は毎日伸びていきます。退行期に入ると、細胞分裂は止まり、毛穴も収縮します。やがて発毛が止まる休止期になります。
レーザーは成長期にあてることで、効果的に脱毛を行うことができます。

・施術の流れと注意点について
施術の流れは、まず予約を入れ、カウンセリングを受けてからレーザー照射となりますが、レーザー治療をおこなうにあたって、強い日焼けをした肌だと、やけどなどのトラブルの原因になる場合もあります。

 

4、医療期間でおこなうレーザー治療とエステサロンの光脱毛との料金の違いについて

例えば、全身脱毛だと医療機関でレーザー治療を受けた場合1回あたり6万円くらいで、エステサロンだと1万円くらいですが、エステサロンで全身脱毛を行うには最低でも12回は受ける必要があります。期間も2年は必要です。

料金だけを見ればエステサロンの方が安いといえますが、医療機関でレーザー脱毛を受けると、ほぼ永久的に自己処理がいらないところが魅力です。

 

【まとめ】

医療機関でレーザー治療を受ける場合は、きちんとした技術を持った信頼できるクリニックを選ぶことが大事です。
保険対応ではないので、金額的には安いものではありませんが、長い目で見ればエステサロンに長期にわたって通うよりは時間の節約にもなるので、お得といえます。

Translate »